サラダ音楽祭トーキョーメットサラダミュージックフェスティバル2019

サラダ音楽祭歌う!&聴く!&踊る!!

サラダ音楽祭は、誰もが音楽の楽しさを体感・表現・発信できる音楽祭として、2018年に誕生しました。サラダ=SaLaDの由来であるSing and Listen and Dance〜歌う!聴く!踊る!をコンセプトに、東京都と東京都交響楽団が、東京芸術劇場及び豊島区と連携し、赤ちゃんから大人まで楽しめるオーケストラコンサートやワークショップなど、フレッシュで多彩なプログラムを展開します。

プログラム

メインプログラム

OK!オーケストラ
赤ちゃんOK! 歌ってOK!
踊ってOK!

赤ちゃんが泣いても声をだしてもOK!
「指揮体験」や「ダンス」など、0歳から入場できるオープンなコンサートです。

インフォメーション

日程 9月14日(土)
時間 ①11:00開演(10:00開場/12:00終演予定)
②15:00開演(14:00開場/16:00終演予定)
会場 東京芸術劇場コンサートホール
出演者 指揮/大野和士
司会/小林顕作
ソプラノ/未定
振付/近藤良平
ダンス/未定
児童合唱/東京少年少女合唱隊(※15時公演のみ出演)
管弦楽/東京都交響楽団
曲目 ♪すぎやまこういち:交響組曲『ドラゴンクエストV』より「序曲」
♪ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 ※指揮体験コーナー
♪プロコフィエフ:バレエ《ロメオとジュリエット》組曲第1番、第2番より「モンタギュー家とキャピュレット家」、「少女ジュリエット」、「タイボルトの死」
♪グノー:歌劇『ロメオとジュリエット』より「私は夢に生きたい」
♪みんなで一緒に歌おう!久石譲:「さんぽ」(編曲/萩森英明) 他
♪ディズニー・ファンタスティック・メドレー(編曲/萩森英明)
チケット 一般:1,500円(全席指定)/3歳以上~高校生:500円
※2歳以下膝上無料
チケット発売 7月9日(火)10:00~

※本公演に休憩はございません。

聴きどころ

大野和士指揮による0歳から入場できるコンサート。好評につき、サラダ音楽祭2019では2公演開催します。
オーケストラを指揮できる「指揮体験」や会場にいる全員でオーケストラの伴奏に合わせて歌う「みんなで一緒に歌おう!」など、来場者がコンサートに参加できる要素が盛りだくさん!赤ちゃんから大人まで楽しめるコンサートです。

音楽祭メインコンサート
《ロメオとジュリエット》

今年没後150年のベルリオーズ作曲によるシェイクスピアの著名な作品『ロメオとジュリエット』を題材にした交響曲。3人の独唱と合唱を伴う大編成のオーケストラにサラダ音楽祭オリジナル・バージョンとしてバレエを加え、シェイクスピアの世界を劇的かつ色鮮やかに表現します。 

©︎Rikimaru Hotta

インフォメーション

日程 9月16日(月・祝)
時間 14:00開演(13:00ロビー開場/13:20開場)
会場 東京芸術劇場コンサートホール
出演者 指揮/大野和士
メゾソプラノ/谷口睦美
テノール/村上公太
バス/妻屋秀和
振付/安達悦子
バレエ/東京シティ・バレエ団
合唱/新国立劇場合唱団
管弦楽/東京都交響楽団
曲目 ベルリオーズ:劇的交響曲《ロメオとジュリエット》op.17(日本語字幕付き)
チケット S席5,000円 / A席4,000円 / B席3,000円 / C席2,000円(全席指定)
車椅子席(S席)5,000円
サラダ割引:S~B席 定価より10%OFF(対象:25歳以下、または65歳以上のお客様)
ハンディキャップ割引:S~B席 定価より10%OFF(手帳をお持ちのお客様とその介助者1名まで)
※ハンディキャップ割引は都響ガイドのみ取扱い
※割引チケット購入された方は当日来場時に証明となるものをご携帯ください。
チケット発売 5月24日(金)10:00~
プレイガイド サラダ音楽祭2019チケット販売サイト
都響ガイド 0570-056-057 ナビダイヤル(平日10:00~18:00)
都響Webチケット
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:153-036)
イープラス
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:32015)
東京芸術劇場ボックスオフィス 電話0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※本公演に休憩はございません。
※未就学児入場不可(音楽祭メインコンサート《ロメオとジュリエット》)

ベイビーオペラ『ムルメリ』

ベイビーオペラ「ムルメリ」
日時 9月14日(土)
10:00/13:00 開演
9月15日(日)
10:00/13:00/15:00 開演
9月16日(月・祝)
10:00/13:00/15:00 開演
※開場時間は各30分前
会場 東京芸術劇場シアターイースト
出演者 ソプラノ/カリ・ハードウィック
バリトン/ディミトロ・カルムーチン
バス/ポール=アントニー・ケイトレー
チケット 赤ちゃん500円 / 一般1,500円(全席自由)
※満2歳未満を対象とした公演ですので、一般のみでの購入はできません。
※赤ちゃん1名につき一般2名までご購入いただけます。
チケット発売 7月9日(火)10:00

オルガンでLet’s SaLaD!

オルガンとSaLaD
日時 9月15日(日)14:00開演
会場 東京芸術劇場コンサートホール
出演者 オルガン/川越聡子
ソプラノ/コロンえりか
児童合唱/東京ホワイトハンドコーラス、他
曲目 J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調BWV565
上田真樹(作詞:林望):童声合唱組曲『あめつちのうた』より、他
チケット 一般1,000円/4歳以上〜高校生500円(全席指定)
チケット発売 7月9日(火)10:00

楽器体験、歌やダンスのワークショップなど/都内各地でのさまざまなミニコンサート

誰もが参加・体験できる、さまざまなワークショップや、東京芸術劇場内や周辺施設などで、無料コンサートを開催します。

ワークショップ

事前申込/参加無料(一部有料)

楽器体験、歌やダンスのワークショップなど「ひとり」でも「親子」でも、「カップル」でも「友人同士」でも。「Sing and Listen and Dance」をテーマに、みんなが参加・体験できるさまざまなワークショップを開催いたします。

※7月中旬に当サイトにて参加申込を開始いたします。

ミニコンサート

都内各地でのさまざまなミニコンサート

東京芸術劇場内のアトリウムや都内の商業施設などで、無料ミニコンサートを開催! 誰もが気軽に音楽をお楽しみいただけます。
詳細は、「サラダ音楽祭」公式サイトにて順次公表いたします。

サラダスペシャルコンサート

サラダ・スペシャル・コンサート

ドラクエ・シンフォニックコンサート in SaLaD

日時 9月19日(木)19:00開演
会場 東京芸術劇場コンサートホール
出演者 指揮とお話/すぎやまこういち
管弦楽/東京都交響楽団
曲目 すぎやまこういち:交響組曲『ドラゴンクエストⅪ』過ぎ去りし時を求めて
チケット S席5,000円 / A席4,000円 / B席3,000円(全席指定)
チケット発売 7月下旬

SaLaD野外コンサート(仮称)

日時 10月27日(日)時間未定
会場 日比谷公園大音楽堂
出演者 指揮/未定
管弦楽/東京都交響楽団
曲目 未定
入場 入場無料(事前申込制)
入場申込受付 7月下旬~9月20日(金)

※やむを得ない事情により、出演者・曲目などが変更になる場合がございます。
※演奏会中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※チケットの再発行はできません。
※3歳以上〜高校生チケット及びサラダ割引チケットの一般チケットへの変更は承りません。また一般チケットで入場されても差額の返金はできません。
※3歳以上〜高校生チケット及びサラダ割引チケットは、来場時に証明となるものをご携帯ください。

プロフィール

プロフィール
  • 世界で活躍する指揮者。都響音楽監督。大野和士

    ©︎Rikimaru Hotta

    世界で活躍する指揮者。東京都交響楽団音楽監督

    大野和士

    東京生まれ。東京藝術大学卒。ピアノ、作曲を安藤久義、指揮を遠藤雅古の両氏に師事。バイエルン州立歌劇場でサヴァリッシュ、パターネ両氏に師事。1987年トスカニーニ国際指揮者コンクール優勝。ザグレブ・フィル音楽監督(1990〜96年)、都響指揮者(1990〜92年)、東京フィル常任指揮者(1992〜99年/現・桂冠指揮者)、バーデン州立歌劇場音楽総監督(1996〜2002年)、ベルギー王立歌劇場(モネ劇場)音楽監督(2002〜08年)、アルトゥーロ・トスカニーニ・フィル首席客演指揮者(2012年〜15年)、フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者(2008年〜17年)を歴任。現在、都響およびバルセロナ響の音楽監督、新国立劇場オペラ芸術監督を務めている。

    これまでにミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、パリ・オペラ座、ベルリン・ドイツ・オペラ、バイエルン州立歌劇場、グラインドボーン音楽祭、エクサンプロヴァンス音楽祭などへ出演。コンサートでは、ロンドン響、ロンドン・フィル、ボストン響、イスラエル・フィル、バーミンガム市響、フランス放送フィル、BBC響、ハンブルクNDR響(北ドイツ放送響)、ケルンWDR響、南西ドイツ放送響、ウィーン放送響、トリノ放送響、スウェーデン放送響、ミラノ・スカラ座管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ローマ・サンタ・チェチーリア国立音楽院管などに客演。

    1993年第1回渡邉暁雄音楽基金音楽賞、同年に平成4年度芸術選奨文部大臣新人賞、1997年出光音楽賞大賞、2002年第1回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。2006年大野和士指揮モネ劇場オペラ公演がフランス批評家大賞、ヨーロッパ大賞をダブル受賞。2007年平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2008年紫綬褒章受章。2009年第39回エクソンモービル音楽賞受賞。2010年サントリー音楽賞、日本芸術院賞ならびに恩賜賞を受賞。同年11月には文化功労者に選ばれた。2011年大野和士指揮リヨン歌劇場管によるエクサンプロヴァンス音楽祭オペラ公演がフランス批評家協会によるクロード・ロスタン賞を受賞。大野と同歌劇場は2009年にも同賞を受賞している。2016年1月には2015年度「朝日賞」を受賞。2017年5月、大野和士が9年間率いたリヨン歌劇場は、インターナショナル・オペラ・アワードで「最優秀オペラハウス2017」を獲得。自身は2017年6月、フランス政府より芸術文化勲章「オフィシエ」を受章、またリヨン市からリヨン市特別メダルを授与された。

    2015年11月、都響創立50周年記念事業として実施したヨーロッパ・ツアーを大成功に導く。ベルリン、ウィーンなど世界最高峰の舞台に立ち、いずれの公演も聴衆からスタンディング・オベーションを受けた。

  • 東京五輪(1964)を記念して生まれたオーケストラ 東京都交響楽団

    東京五輪(1964)を記念して生まれたオーケストラ

    東京都交響楽団

    東京オリンピックの記念文化事業として1965年東京都が設立(略称:都響)。

    現在、大野和士が音楽監督、アラン・ギルバートが首席客演指揮者、小泉和裕が終身名誉指揮者、エリアフ・インバルが桂冠指揮者を務めている。

    定期演奏会などを中心に、小中学生への音楽鑑賞教室(50回以上/年)、青少年への音楽普及プログラム、多摩・島しょ地域での訪問演奏、ハンディキャップを持つ方のための「ふれあいコンサート」や福祉施設での出張演奏など、多彩な活動を展開。
    CDリリースは、インバルによる各『マーラー交響曲集』のほか、武満徹作品集などの現代日本管弦楽曲、交響組曲『ドラゴンクエスト』(全シリーズ)や『Fate/Grand Order』などのゲーム音楽まで多岐にわたる。

    2015年11月にはベルリン、ウィーンなど5ヶ国6都市をめぐるヨーロッパ・ツアー(指揮/音楽監督・大野和士)を行い、各地で熱烈な喝采を浴びた。《首都東京の音楽大使》として、来たる2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、文化芸術の活性化と気運醸成を図っている。

    公式WEBサイト:https://www.tmso.or.jp

TOP