• 音楽祭メインコンサートで演奏される、シェイクスピアの作品を題材にしたベルリオーズの《ロメオとジュリエット》の舞台はどこでしょうか。

    1)イギリス ロンドン
    2)イタリア ヴェローナ
    3)フランス パリ
    4)ギリシャ アテネ

  • 【答え】2)イタリア ヴェローナ

    【解説】イタリアの北東部にあるヴェローナは、ミラノとヴェネチアのほぼ中間点に位置します。有史以前より交通の要として発展。今でも街中には古代ローマ時代の遺跡が多数残され、赤、黄色などの鮮やかな壁に彩られた建物が観光客の目を楽しませてくれてくれます。2000年には「ヴェローナ市街」としてユネスコの世界遺産にも登録されました。なかでも13世紀に建てられたジュリエッタの家(Casa di Giulietta)と呼ばれるカプレーティ家の屋敷は、観光の目玉です。邸宅内部が有料で公開されており、当時の家具や調度品が展示されています。ジュリエットが「おおロメオ、あなたはなぜロメオなの」と嘆いたバルコニーは、シェイクスピアが劇作家として有名になったことで後から造られました。

    シェイクスピアの戯曲は全部で37作。そのうち、ヴェローナの街にちなんだ戯曲として、1590~94年頃に執筆した喜劇《ヴェローナの二紳士》と1594~96年頃にかけて書いた悲劇《ロメオとジュリエット》の2作品があります。

    諸説ありますが、一説によると英国人のシェイクスピアは、国外を出たことがないといわれています。それなのになぜイタリアを舞台にした戯曲が書けたかというと、16〜17世紀はイタリアの書籍や戯曲がイギリスに大量に入ってきたからです。シェイクスピアは外国から入ってきた書物を基に、想像を膨らませて、多くの戯曲を執筆したといわれています。