【開催概要公開】TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIVAL 2020[サラダ音楽祭]

東京都と東京都交響楽団(略称:都響)は、「TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIVAL 2020[サラダ音楽祭](トーキョー・メット・サラダ・ミュージック・フェスティバル2020)」を9月5日(土)、6日(日)に開催します。
サラダ音楽祭は、東京芸術劇場および豊島区との連携により、音楽・演劇の中心地である池袋エリアで2018年に初開催。
3回目となる2020年は、当初9月3日(木)~6日(日)の4日間開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2日間に規模を縮小して開催します。感染予防対策の観点からプログラムや座席設定に配慮する一方で、多くの方にサラダ音楽祭をお楽しみいただくため、Web配信も活用して実施します。

    1. [開催概要]

      ◆9月5日(土) 14:00 開演 / 東京芸術劇場 コンサートホール
       ♪OK!オーケストラ
       赤ちゃんOK!の大人から子供まで楽しめるオーケストラコンサート。
      ◆9月6日(日)16:00 開演 / 東京芸術劇場 コンサートホール
       ♪音楽祭メインコンサート
       クラシック音楽×ダンス! ダンスカンパニー「Noism Company Niigata」など多彩なゲストとの共演。
       ※上記コンサートプログラムは次ページ参照。 チケットは8月17日(月)より発売開始。
      ◆ミニコンサート
       5日、6日とも池袋西口公園野外劇場グローバルリングでミニコンサートを開催する予定です(鑑賞無料/申込不要)。

      主催 : 東京都、公益財団法人東京都交響楽団 共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場、豊島区
      ※今後の新型コロナウイルス感染症の流行状況により、出演者やプログラム等が変更になる場合がございます。

      詳しくはこちら

“ココロで歌って、ココロで踊ろう”

サラダ音楽祭では、サラダ=SaLaDの由来であるSing and Listen and Dance~歌う︕聴く︕踊る︕をコンセプトに、大人から子供まで楽しめる様々なプログラムを展開しております。
昨今、厳しい状況が続いておりますが、身体で感じた音楽を、ひとりひとりの心の中で奏で、弾ませることで、皆さまに楽しんでいただきたいと思っております。

だいすけお兄さん、Noismノイズムら多彩なゲストと共演!

毎回好評を博している赤ちゃんが泣いても声を出してもOK!の「OK!オーケストラ」には、NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』で“11代目歌のお兄さん”として活躍し、大人から子供まで大人気の横山だいすけが登場。ダンスは昨年に引き続き、日本全国、世界中で活躍する、日本トップの人気ダンスカンパニー「コンドルズ」主宰、近藤良平によるスーパーエイトが集結します。
また「音楽祭メインコンサート」では、クラシック音楽とダンスがコラボレーション!演出振付家・ 金森穣が率いる日本を代表するダンスカンパニー Noism Company Niigata(ノイズム・カンパニー・ニイガタ)と都響音楽監督・大野和士指揮によるオーケストラとの華麗なる共演をお楽しみください。
※当初、開催を予定しておりましたオペラ『ソラリス』、ベイビーオペラ『ムルメリ』は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、出演者の来日が困難となりましたため、公演中止とさせていただきました。
※ミニコンサートの詳細は「サラダ音楽祭」オフィシャルサイト(salad-music-fes.com)にて順次公表いたします。

後日「OK!オーケストラ」公演を期間限定でウェブ配信

お客様に安心して生演奏と魅力的なプログラムをお楽しみいただけるよう、公演内容にも工夫を凝らすとともに、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底してまいります。また、今年は、毎回好評をいただいている赤ちゃんでも楽しめる「OK!オーケストラ」公演を特別に期間限定でウェブ配信します。

最新ニュース