ニュース

[急告]音楽祭メインコンサート〈プルミエ・ガラ〉カルミナ・ブラーナ×Dance!! ソリストの変更について

2018.09.15

公演に出演を予定しておりましたバリトンの小林大祐は、体調不良のため急遽出演できなくなりました。代わりまして、小森輝彦が出演いたします。曲目および他の出演者の変更はございません。お客様には何卒ご理解いただきますよう心よりお願い申し上げます。

東京都/公益財団法人東京都交響楽団

バリトン/小森輝彦  KOMORI Teruhiko, Baritone

東京藝術大学、同大学院、文化庁オペラ研修所を経てベルリン芸術大学に学ぶ。99年プラハ国立歌劇場『椿姫』ジェルモンで欧州デビュー。00年から12シーズンにわたりドイツのゲラ・アルテンブルク市立劇場専属第一バリトンとして同劇場を牽引し、『ドン・ジョヴァンニ』『さまよえるオランダ人』のタイトルロールなど多数出演。11年その功績により日本人初のドイツ宮廷歌手(Kammersänger)の称号を授与される。国内でも新国立劇場をはじめ、日生劇場、兵庫県立芸術文化センターなどで活躍。ドイツで培った抜群の言語力と音楽性で聴衆を魅了し続けている。東京音楽大学教授。二期会会員。

小森輝彦

Change of Soloist for the concert “Carmina Burana & Dancing!”
KOBAYASHI Daisuke will be replaced by KOMORI Teruhiko.

KOBAYASHI Daisuke, the baritone, who was scheduled to appear in the concert “Carmina Burana & Dancing!” is unable to perform due to illness. He will be replaced by KOMORI Teruhiko. Thank you for your understanding.

Teruhiko Komori (Baritone)

Teruhiko Komori obtained his master’s degree from Tokyo University of the Arts and furthered his studies at Universität der Künste Berlin. From 2000, he was principal baritone soloist with Theater & Philharmonie Thüringen in Germany, and he sung many major roles including the title roles in Don Giovanni and Der fliegende Holländer. In 2011, he was awarded the title of Kammersänger. He is Professor at Tokyo College of Music and a member of Nikikai.

SNSでも情報配信しています!

TOP